スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登校のきっかけ

不登校になってしまうきっかけとして、学校生活における原因があると言うのが挙げられると思います。


では学校生活においてどういった問題が不登校につながる原因になってしまうのでしょうか。


まずは「いじめ」が挙げられると思います。
多分これが一番多い問題ではないでしょうか。

いじめなどの、交遊関係における問題ですが、きっかけはなんにしてもクラスメートから急に無視されるようになったり、悪口を言われたりしていじめられてしまうと学校には行きたくなくなってしまいますよね。


また、仲が良い友達と何かしらがきっかけになってケンカしてしまったとしても不登校の原因になってしまう可能性があります。


このように対人関係(特に友人関係)における問題と言うのは子供たちにとってはものすごく重大な問題なのです。


次に先生との関係が挙げられます。
先生と言うのはいい先生ばかりが学校にいるわけではありません。
性格が悪い先生だったり、相性が合わない先生だったり色んなタイプの先生がいます。
どういった先生と関わるかによっても不登校の原因になってしまったりするものです。


最後に不登校のきっかけになる原因として「学業不振」が挙げられます。
勉強についていけなくなると授業そのものが苦痛なものとなり、不登校の原因にまで発展してしまうかもしれません。


このように学校生活において不登校の原因となるものと言うのはたくさんあることが分かりました。
きっかけをきちんと見極めて対策を練ることが大切となります。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

スポンサーサイト

家庭生活における不登校の原因

不登校になってしまう原因として家庭生活における原因と言うのが挙げられます。


ではどういった問題が不登校のきっかけになってしまうかと言うと、例えば、家庭環境が急に変わってしまうと言うことが挙げられます。
どういうことかと言うと、両親が離婚して環境が変わってしまったとか、親がリストラにあって生活環境が急に変わってしまったがあると思います。


離婚やリストラなんかは今の世の中珍しいことでは決してありませんが、当の親自体が精神的に余裕とかなくなってしまうのに、子供はもっと余裕が無くなり、どう対応していいかわからなくなり自分の殻にとじ込もってしまうケースも少なくはないのです。
それが不登校の原因になってしまう可能性はすごくあると思います。


次に挙げられるのが子供と親の関係性についてです。

母親が教育ママだったり、父親の期待に答えなければならなかったり、父親が仕事ばかりで家庭を顧みず、全く子供に興味がないと言ったケースです。

こうなると子供はなんのために自分がいるのかとか、反発してしまいたくなったりとかして学校に行きたくなくなってしまいます。


最後には家庭内が不和状態にあるということです。
家庭内で両親がケンカばかりしていつでも暗い雰囲気、いづらい雰囲気だとすると子供は将来に希望が持てなくなったりして学校に行く意味を見いだせなくなってしまいます。


こういう家庭内に起きた出来事でも不登校になってしまう原因になってしまう可能性があるのです。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

不登校のきっかけ(本人)

不登校になってしまうきっかけとして、不登校している子供本人に原因がある場合があります。


例えばどういうことかと言うと、今まで普通に学校に行っていたのに急に病気になってしまい、学校を休まざるを得なくなってしまった場合です。

学校に行っても話しについていけないのではないかなどと考えて行けなくなってしまったりします。

こういったケースの場合、長期入院などして学校を長期で休んだ場合に多く見られると思いますが、中には一日風邪で休んだだけでも、明日学校行ったら何言われるのだろうと思って行けなくなってしまうケースもあるようです。


次にあるケースとしては本人が「自閉症」「軽度の知的障害」などの場合です。
本人に落ち度はありませんが、周りはそうは見てくれず不登校にまで至ってしまうケースがあります。


また、すごく稀なケースとしては自分自身で不登校の道を選んでいる場合です。
学校を否定して生きている子供も中にはいます。
そういった子は何かしらの強い信念を持ち、学校に行かなくなるケースがあるのです。


また、信念を持った子には将来やるべき事を見つけてしまった子もいます。
そういった場合は、学校での勉強と言うのを軽んじてしまい、夢に向かって突き進む傾向を持ってしまう場合があるのです。


こういうように本人の何らかの原因により、意志を持って不登校になってしまうケースも少なからずあるのです。
こういった場合は正しい対応が必要となりますのでとても難しいです。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

不登校の原因が学校にある場合

学校内で教室の雰囲気が悪いとか言って学校に行きたがらなくなってしまうケースも不登校の原因のひとつとしてあるようです。


子供にとっては先生に言ってしまうと告げ口みたいで余計に事態を悪化させるような事になってしまうので、できれば先生に言わないように解決したいと願い、親もそれを聞き入れたいと思うと思います。


しかし、このまま放置してしまうとさらに事態は悪くなる一方ですから、できれば親と先生が協力しあって解決に向かうように話し合いを進めるのがいいと思います。

先生よりはこの場合は生徒の方を救う方が先決です。

いろいろな方を交えて解決に向かうように話し合いの場を設けるのがいいと思います。

このとき注意しなければならないのは、感情的になってはいけないと言うことです。
感情的になっても何も話しは進みません。
子供の事を話し合うのですから感情的になるなと言う方が無理かもしれませんが、冷静に話し合いをするようにしましょう。


また、解決の方法がいくつか出てきたらそれをひとつずつでかまいませんので実践していくようにしましょう。

ゆっくりじっくり進めていくことが大切なことです。
協力をしていきましょう。


また、できればその取り組みを生徒も交えて全体で取り組むようにしてみてはいかがでしょうか。
生徒全体ということは行かなくても学級委員までならなんとか話し合いに応じてくれるかもしれません。
そうすると他の生徒にまで不登校の波及は広がらないかもしれませんよ。




不登校克服プログラム

病気が不登校の原因な場合

精神的な病気がきっかけとなり不登校になってしまったケースについてですが、心療内科などでは焦らずにゆっくりと行きましょうと言われるケースが多いですが、学校にも親としては行かせたいですよね。


こういったケースの場合はどうすればいいのでしょうか。


まず心の病気と言うのは他人には理解しがたいものだと思います。
きちんと理解してないとただのわがままにうつってしまったりしてもっと悪い事態になってしまう可能性があります。


心の病気は本人が登校したくても、できないというケースが少なくないのです。
ですから学校の先生とよく話し合いをした上で良い解決方法を探していくのがいいと思います。


児童というのは小中学校の9年間は義務教育期間になりますので、休まずに学校に行かなければなりませんが、この位の時期の子供は体が大きくなり、心は子供のままという精神的、肉体的にアンバランスになり情緒が不安定になってしまう可能性があります。


もし、心の病気を克服し、学校に行けるようにまで回復しても、勉強についていけるのか、友達ともうまくやれるのか心配になると思います。
でも大丈夫!やる気になってしまえば遅れは自分の力でも、友達の力を借りても取り返しはききます。
また、学校の先生からもフォローが入ると思いますので安心して登校しましょう。


何がきっかけになって登校できるようになるかなんて誰にもわかりません。
ですから長い目で見守ってあげることが大切なのです。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。