スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登校の子供に接する場合

不登校の子供に接するときにまず注意しなければならないのが、その子供が学校に行きたくなくて不登校になっているのか、学校に行けなくて不登校になっているのか、今の状況を見極めることだと思います。


例えば、子供本人が学校に行きたくないという意思を伝えている場合は、本人の中で不登校の原因というのがある程度見えている場合に発せられる言葉だと思います。
だからと言ってすぐにその原因を打ち明けてくれるかというのは分かりません。
いじめなど言いたくない問題の場合もありますから。


いじめというのは本当に難しい問題で、自分がいじめられているということは人にはかなり言いたくない事みたいなのです。
一人で抱え込んでしまうケースも多く、最悪の場合は自殺してしまうというケースもここ数年で何件も起きています。
自殺して初めて親は子供がいじめにあっていたという事実を遺書か日記などで知ることになるということなのです。


次に学校に行けないと言っている場合ですが、前の日の夜までは学校にいくつもりで支度などをしているのですが、当日朝になると頭が痛くなったり吐き気がしたりして行けなくなる。
学校に無理やり行こうと家を出たとしても途中で具合が悪くなり引き返してしまうというような状態になっていきたくても行けないという状態になってしまうのです。


この場合は本人に原因を聞いたところで答えが返ってくるわけではないので分かりません。


このようにタイプによって対処方法が変わってくると思いますので接するときにはまずどういった状態なのかを見極める必要があるのです。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

スポンサーサイト

不登校を克服させるためにはプレッシャーを与えないようにする

子供の不登校を克服させる方法として、子供にプレッシャーを与えないようにすることが大切であると言えます。


大人も子供も現代社会では何かしらのプレッシャーを受けて生きています。
それが重いものだと1回プレッシャーをもらっただけで参ってしまうし、軽いプレッシャーを受け続けると言うのも参ってしまいます。


特に子供にとってプレッシャーと言うのは慣れているものではないので、大人がたいしたことないと思っても子供にとっては重圧であったりします。

ですから必要以上にプレッシャーを与えられると逃げ場を失いもっと大変な状況に陥ってしまうかもしれないのです。


子供がプレッシャーを何かしら受けていると感じたときは、その対処方法を教えてあげる必要があると思います。
そのためには大人が子供の異変に気付いてあげる努力や対処方法の知識などをきちんと身につけておかないといけないのではないかと思います。


多分行って聞かせてもそれもプレッシャーに感じる人はいるかもしれないし、できれば態度でしめしてあげるのがいいとは思うのですが、なかなか難しいですよね。


それが難しい場合は、環境を変えた上で学ばせてあげることも大切だと思います。

サポートしてくれる場所と言うのもあり、そういうところだと経験も豊富に子供にとってもいいと思います。


そうやって徐々に不登校などを克服してあげるのがいいのではないかと思います。
大事なのはプレッシャーをかけないと言うことなのです。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

不登校の克服法

不登校を克服するための方法はいろいろあると思いますが、その中でも子供にルールを押し付けてしまわないことというのが挙げられます。


大人の世界は家庭でも仕事でも社会でも、ルールと言うのが存在し、それを無意識に守っていることで成り立っている世界です。
これはある意味当然のこととして大人たちは受け入れています。


そのルールを大人はどうしても子供に学校でも家庭でも押し付けてしまいがちになります。
ルールを守らない子供を理解できないということが理由ではないかと思います。


本当に赤ちゃんのときは親が言っていることに従いますので「いいこね~」などと誉めてあげますが、ちょっと大きくなってくると、ルールを守らなくなってきて親が言うことに耳を貸さなくなってきます。
それを直そうと親が必死になればなるほど子供は抜け道を探して結局は言うことを聞かないのです。


ですから大人はこのことに対して焦ってはいけないのです。
成長の過程において言うことを聞かないと言うのは自分自身で生きていこうとする自然な姿なのです。

ですから絶対的にルールを守らせようとするのではなく、ありのままの姿を大人が受け入れるようにすることが大切なのです。


押さえつければ押さえつけるほど子供は反発してしまい余計に言うことを聞かなくなってしまいます。

子供は反発しながら成長していくものだと親側が認識をして、不登校の場合もただただ「行け」と言うのではなく、事実を受け止めた上で対応策を考えていくようにすることが大切なことだと思います。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

好き勝手させない事が不登校克服につながる

不登校を克服させるのは本当に難しいことだと思います。

しかし、親はどんなことをしてでも子供を守りたいと思うものだと思います。


ルールを押し付けないと言うのももちろん大切ですが、家庭内におけるルールと言うのは子供に好き勝手させないため、子供の将来を願ってのためなど愛情があるからこそのルール設定なのだと思います。


ルールと言うのは厳しすぎても反発してしまうし、ゆるすぎても親の言うことなど聞かなくてもいいという甘えが生じてしまいます。
ですから適度にルールが必要ということになります。


ルールがなく、好き勝手、自分勝手に育った子供は相手の気持ちと言うのがわからない子供になってしまいます。
不登校も別に好きでやっているのだから文句を言うなみたいな感じになってしまうかもしれません。
親の愛情が伝わらなくなってしまうのです。


ルールがある程度ある家庭で育ち、不登校になってしまった場合などは、親の愛情を聞き入れることも可能だと思いますし、突破口も見つかりやすいのではないかと思います。


そのためにも最低限のルールと言うのは必要なのです。


とは言ってもこれだけではなかなか不登校を克服することは難しいと思います。
そういった場合は不登校を支援するサポート校という場所がありますので、そこでリハビリがてらに学ばせていくのもいい方法だと思います。


ただし、このサポート校と言うのは卒業の資格までは取得することが難しいので、他に通信や定時制など資格が取得できる機関に所属する必要があるのです。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

失敗を繰り返させないことが不登校改善につながる

親は我が子のことを積極的で明るくて勉強でもスポーツでも何でもできて自慢の子供と言うように思いたいものだと思います。
ましてや自分の子が不登校になるなどとたぶん考えもしないことだと思います。


しかし、そううまくはいかないものです。
子供は何かに一度失敗してしまうと、少し消極的になり、それが二度、三度と続いてしまうと「もうダメだ」「自分には無理なのだ」と自己否定までいってしまうケースがあるほどデリケートです。


なんだそんなことと思うでしょうが、大人にとってたいしたことがないことでも子供にとったら重大事件になってしまうことも多いのです。
傷つく分余計に自己否定してしまいたくなります。


こうなってしまうと、その失敗してしまった事に対してもうやる気も何も起こらなくなり、どうせやっても無駄だからという否定的な考えが生まれてきてしまうのです。


そういった場合は大人が、親が、違った方法を指し示してあげましょう。
成功するための方法は一つではないのです。
方法を変えればうまくいくかもしれません。


不登校に関することも同じです。
一度ダメでも違ったやり方があります。
こういう方法もあるよとアドバイスしてあげるのも大人のやり方です。


時には励まし、時には厳しくして歩むべき道に向かって一緒にやっていくことが大切です。

注意が必要なのは決して同じ失敗は繰り返させないと言うことと、失敗を責めてはいけないと言うことですので心に留めといてください。




「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。