スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「明るい不登校」

「明るい不登校」が、最近増えてきていると言われています。

「明るい不登校」とは、不登校の最初の頃は誰とも口をきかなかったり、部屋にこもりっきりだったりで、いわゆる「引きこもり」っぽかったのが、そのうち次第にテレビを見たり、おしゃべりもしたりして、はたから見ている分にはいたって普通という状態です。

「明るい不登校」になるパターンの多くは、不登校が始まったころは親も先生も何が原因なのだろうと必死になりますが、子供に原因を聞くたびに嫌な顔をされたりして(学校の話になると特に嫌な顔になる傾向があります)、そのうち気を使って何も言わなくなると、段々雑談くらいはできるようになってくるというものです。

「明るい不登校」に対する対応策として「じっくり待ちましょう」とか「本人の意思を尊重しましょう」というようなものが多かったようです。
しかしそれでは、子供が不登校から逃げているのを黙認しているだけという気もしないでもありません。

肝心な話題を避けて、差しさわりないことだけを話すだけで、いつしか放置状態になってしまい、結果的に不登校が長期化してしまう場合があります。

「明るい不登校」の裏には悲しみや怒りが隠れているものです。
これを思い切って表に出さない限りは、本当の改善に繋がらないかもしれません。
明るいからと言って安心しないようにすることが肝心です。

「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

関連記事
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。