スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮内庁はどう考えた

宮内庁の定例会見で初めてマスコミに向けて発表された、敬宮愛子さまの「不登校問題」。
愛子さまの通う学習院初等科において、一部の男子生徒から乱暴行為を受けた事により、 登校することに非常に強い不安感を持たれて通学出来なくなっているとの事。
この記者会見を聞いた時、最初はビックリしたものです。
私個人的な意見ですが、最近ではそこまで著名でもない芸能人が何か問題を起こしてもマスコミが大きく取り上げる時代。
宮内庁がこのような会見をすれば、絶対にマスコミは飛びつき、問題が大きくなると思ったからです。
宮内庁はどう考えたんでしょう?
雅子様が現在ほとんど公の場に出れない体調である事から、愛子さまも不登校が続けば何か因果関係があるのか?
と疑われると思ったのでしょうか?
恐れながら愛子さまは自閉症ではないのか?
などというウワサもあるほどで、 不登校の理由が、愛子さま自身にあるのではなく、学校に問題があるという事を強調したかったのでしょうか?
宮内庁の発表の後、学習院側でも記者会見を行っていましたが、 その内容は宮内庁が発表したものとはかなり違う印象をうけました。
それほどに学習院側と宮内庁側とでは連携が上手くいっていないのか?
確執でも起きているのか?
新学期からはこの問題行為を起こした児童と愛子さまを同じクラスにしないなどの対策を取るそうですが、 宮内庁としては愛子さまの転校も考えているのだとか。
天皇陛下のお言葉通り「誰も犠牲にならない形で解決」出来るのでしょうか?

子供の不登校・引きこもり ご自分のせいだと思っていませんか ~子供の不登校・引きこもりが癒され解放されていく関わり方のすべて~

関連記事
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。