スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対人恐怖症タイプの不登校

不登校をしている子供の中には対人恐怖症、対人緊張症などのケースがあります。


対人恐怖症や対人緊張症と言うのはいったいどういうものなのでしょうか。
それは、人と接すること自体が苦痛だったり、緊張したりすることを指しています。
例えば、何をするにも周りの目が気になってしまうとか、誰かと話をするだけで緊張してドキドキしてしまうとか、自分のとった行動に自信が持てず、相手に何か悪いことをしたからじゃないかと感じてしまうと言ったような感じです。


学校生活において、緊張するという場面は多々あると思います。

授業や教室移動、休み時間、登下校などほとんど全部と言っていいでしょう。
このような状態が常に続いているのであれば安心して学校に通うことなんか出来ないと思います。


対人恐怖症を直そうとすると逆効果になってしまう場合があります。
対人恐怖症・緊張症の人はカウンセラーと話すことに対しての拒否反応があまりありません。
さらに自分の緊張感などについて話を素直にする場合が多いようなのです。

その相手があまり対人恐怖症に対しての知識がない場合、自分には心を開いてくれていると思い、常に気にかけてあげるようになります。
そうなると緊張が高まってしまうという逆効果を生んでしまうのです。

本人も意識するあまり、ついつい緊張してしまうのでしょう。


対人恐怖症・緊張症に関する不登校を改善させるのは一見簡単なように見えて、やっぱり大変なことなのです。




不登校の悩みが消える魔法のヒント

関連記事
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。