スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心身症タイプの不登校に対するアドバイス

ここでは不登校の中でも心身症タイプの不登校に対してのアドバイスをしてみたいと思います。
心身症というのは自分に言いたいことがあってもなかなか言えない・言い出せないというストレスを抱えている場合が多いです。
ですから少し緊張感など弱冠のストレスを与えても話ができるように、会話の主導権を握らせてあげることが改善へ繋がる行為ではないかと思います。
心身症を患っている子供の主導権で、自由なペースでしゃべらせてあげると徐々に気持ち的にも楽になり話もできるようになってくるのではないでしょうか。
これが安心感を生むのではないかと思います。
このとき親や先生など、大人は聞き役に徹するということが大切です。
相づちをうってあげ、おうむ返しをして話に同調してあげるのも効果的なのです。
最初は難しいかもしれませんが、続けていくうちに感情に関する言葉が出てくるようになればしめたものです。
どんどん発散させるようにしましょう。
また、自分の持っている性格を認識させ、認めてあげるのも効果的です。
心身症タイプの子は自分のこんな態度は嫌われてしまうかもなどと考えてしまう場合があります。
でもその態度に対して大人が認めてあげることで、その子供も安心して話ができるようになってきます。
最初からうまくいくとは思いませんが、親や先生、友だちに対して自分らしく振る舞えるように自信がついてきたら不登校も徐々に改善されていくのではないかと思います。

「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

関連記事
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。